SDGs検定

MENU

SDGs検定の開催

今を生きるものとして
「地球の未来」、「次世代」
に対する責任を持ち、
ビジネスや日常生活において
SDGsの目標に貢献するためのツール

開催日

一般社団法人SDGs推進士業協会は、SDGsの更なる普及推進のため、「SDGs検定」を実施します。
多くの団体がその普及に努めていることもあり、SDGsの認知度は急速に拡がりを見せています。

当検定は、SDGsの「横の拡がり」を深化させ、「縦の拡がり」を指向するものです。
多くの方々の関心と知識を深めることに貢献できればと考えています。

SDGsとは?

SDGsとは、2015 年9 月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」に記載された2016 年から2030 年までの国際目標です。

SDGs(Sustainable Development Goals:SDGs)は、持続可能な世界を実現させるための17 のゴールと169 のターゲットから構成され、誰一人取り残さないことを掲げた世界共通の目標です。

SDGs は、近年急速に広がってきており、2019 年以降共通の目標として世界を突き動かすことは間違いないと言われています。SDGs は国家政府や自治体だけが達成するものではありません。

17 のゴールの中には「食品廃棄を半減させる」や「育児や介護、家事という家庭内の無報酬労働を評価し責任を分担する」など日常生活にかかわる身近な目標も含まれています。

SDGs検定について

SDGs 検定は、SDGs の基本的な理解、世界で起こっている課題やその取組に関する幅広い知識の習得を目指す検定です。

SDGs が必要とされてきた背景、なぜSDGs を達成しないといけないのか、そして誰がどのようにSDGs に取り組んでいくのかを、このSDGs 検定の受検を契機に、考えていきましょう。

SGDs検定のお申込みはこちら

第6回 SDGs検定 開催要項

SDGs 検定

お申込み内容

試験日時:
2021年9月5日(日)一斉開催
試験時間:
10:30〜12:00
受験会場:
WEB上での検定試験になります
(試検URLはこちら
※メールアドレスのお間違いがないようにご注意下さい
登録締切:
2021年8月30日(月)
受験費用:
5,500円(税込)
※【SDGs検定 受験規約】をよく読みご登録下さい。本登録は規約に同意したものとみなします。
申込定数:
人数制限無し
受験資格:
学歴・年齢・性別・国籍による制限は一切ありません。
合格通知:
後日登録メールに合格証とともに配信します。

受検環境について ※受験票はございません。
※OS・ブラウザのバージョンに注意してください

①パソコン(Windows)
OS:Windows10
ブラウザ:Chrome最新版 Edge最新版 Firefox最新版、IE11(windows10の場合のみ対応)
②パソコン(Macintosh)
OS:macOS 10.15 Catalina
OS:macOS 10.13 High Sierra以降
ブラウザ:Chrome最新版 Safari最新版 Firefox最新版

ログインにはIDとPWが必要となります。ご登録時に決定されたものとなりますので、忘れずに管理をお願いします。

受験環境外からの受検に関しては受検が適切にできない、問題が正しく表示されない、結果が反映されないなどの不具合が発生する場合があります。その場合には一切の責任を負えません。

試験当日・場所・合否発表について

試験時間:
 10:30~ 試験開始
 12:00  試験終了
試検場所:
sdgskentei.comオンライン検定試験になります。
ログインにはIDとPWが必要となります。ご登録時に決定されたものとなりますので、忘れずに管理をお願いします。
※メールアドレスのお間違いがないようにご注意下さい。
※携帯キャリアのメールアドレスは受信出来ない可能性があります。ご注意ください。
合否発表 期間:
後日登録メールにより配信。

結果に対する異議申し立てには応じられませんのでご了承ください。

SGDs検定のお申込みはこちら

試験内容・出題範囲について

試験内容

時間:
90分間
問題:
選択式
合格:
満点の70%

出題問題について

出題範囲

SDGsについての知識と、それを理解した上で応用力を問います。

出題傾向

SDGsとは / SDGs採択までの歴史や現在の動向 / SDGsの内容(17のゴールや169のターゲットなどに関する事項) /世界の課題を知る / 環境問題のみならず、世界の貧困・飢餓・福祉などの課題をSDGsの17のゴールと関連させて出題 /誰がSDGsに取り組むのか /SDGsのゴールを誰がどのように取り組んでいくのかについて、SDGsの基本的理解をしたうえで、応用力を試す出題

参考文献

SDGs検定の受験をきっかけにSDGsを学んでいただきたく、参考図書として以下をあげています。
なお、全ての図書から出題されるわけではありません。

1:『SDGsビジネス戦略 企業と社会が共発展を遂げるための指南書』

(ピーターD.ピーダーセン、竹林征雄 著 日刊工業新聞社 出版)

2:『SDGs(持続可能な開発目標)』

(蟹江宣史 中公新書 出版)

3:『未来を変える目標SDGsアイディアブック』

(一般社団法人Think the Earth)

    受験上の注意

  1. 一旦支払われた受検料は受検の有無にかかわらず、試検中止の場合を除き、いかなる理由でも返金できません。
  2. お申込・お支払の前に、必ず受験要項より「受験環境」「推奨環境」をご確認ください。
  3. 上記の環境に当てはまらない場合、試験を適正に受験いただけない可能性がございますこと、ご了承ください。
  4. 結果に対する異議申し立てには応じられませんのでご了承ください。

第6回 SDGs検定へ申し込む

SDGs検定受検する

リンク先(外部サイト)よりお申し込みください

下記の【SDGs検定 受験規約】をよく読みご登録下さい。
本登録は規約に同意したものとみなします。

SDGs検定 受験規約

SDGs検定 受験規約

一般社団法人SDGs推進士業協会(以下、「協会」という)は、SDGs検定(以下、「本検定」という)の受験手続及び運営に関する規約を次のように定める。

第1条【基本方針】

  1. 協会は、本検定の手続及び本検定の運営について、この規約(以下、「本規約」という。)に定めるところにより、公正かつ厳正に実施する。
  2. 本検定を受験しようとする者は、本規約に同意した上で受験手続をとるものとする。

第2条【公示方法】

  1. 本検定の実施にかかる、受験日、受験料、実施方法等については、「開催要項」に定める。
  2. 「開催要項」の公示は、次の各号に掲げる方法により行なう。
    ・協会HP・SNS等のウェブ、電子メール等による公示
    ・チラシ・ポスター等の広告宣伝物による公示

第3条【受験手続き】

  1. 本検定を受験しようとする者は、協会の定める申込受付期間内に、協会が開設するサイトからの申込等、協会所定の手続を行い、かつ所定の方法により受験料を払い込まなければならない。
  2. 前項の手続によって、当協会からID及びパスワードを発行された受験者は、その取り扱いにつき厳重に管理する責任を負うものとし、ID及びパスワードを第三者に譲渡、貸与、開示してはならない。
  3. ID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用などに起因する損害の全てにつき、受験者は自ら責任を負うものとする。
  4. 自身のID及びパスワードが第三者に使用された事実(使用される可能性が生じた場合も含む)を知った場合には、受験者はただちに協会にその旨を連絡するとともに、協会より指示がある場合にはこれに従う。
  5. 前4項の手続に関し、協会の指示に従わない場合及び本規約に同意しない場合は、いかなる理由があろうともその申込を受け付けない。

第4条【受験料の返還】

受験者が一旦払い込んだ受験料は、いかなる理由があろうとも返還せず、次回以降の本検定の受験料として繰り越さない。

第5条【受験上の遵守事項】

受験者は、試験の開始時間前までに、必要となる機器等、「開催要項」に定められた受験環境を整えて臨まなければならない。

第6条【不正行為等】

  1. 協会は、次の各号に掲げる受験者の行為を不正行為とみなし、禁止する。
    ・氏名等を偽って受験すること。
    ・試験画面以外のウェブサイトや、書籍またはその他資料を見て解答すること
    ・本検定の問題を漏洩すること、または漏洩を受けて受験すること。
    ・その他、本検定の開催・運営を妨げ、他の受験者に迷惑をかけること。
  2. 前項による不正行為が判明した場合、受験者は本検定の受験資格、または合格認定の資格を失い、失格とする。
  3. 協会は、不正行為を繰り返す者又は今後も繰り返す蓋然性が高いと判断した者につき、以降の受験申込又は受験を受け付けない場合がある。
  4. 本規約に反した行為により、協会に損害を与えた場合、協会は当該受験者に対して、相応の損害賠償の請求を行う場合がある。

第7条【個人情報】

協会は、本検定に関する個人情報について、個人情報保護法及び関係諸法令並びに協会が別に定める規定等に従って、適切に取り扱う。

第8条【裁判管轄】

本検定を受けようとする者は、本規約に関する一切の訴訟につき、大阪地方裁判所又は大阪簡易裁判所を第一審の合意管轄裁判所とすることに同意した上で、受験手続を行うものとする。

附則
第1条【改廃権限】

本規約の改廃権限は、協会に帰属する。

第2条【施行】

本規約は、2021年1月1日から施行する。

よくあるご質問

  • SDGs検定はスマートフォンやタブレットでも受験可能ですか?

    検定はPCでの受検を想定して作成しており、スマートフォンやタブレットの最適化はしておりませんのでご注意ください。
    また、受験推奨環境外からの受験の場合、トラブルがあった際には異議申し立てには応じられませんのでご了承ください。

  • 但書きがついた領収書を発行することは可能でしょうか

    但書きがついた領収書を発行することが可能です。

  • Flash Playerのインストールが必要ですか?

    Flash Playerがインストールされていなくても、受験可能となります。

  • webカメラは必要ですか?

    webカメラは必要ございません。

  • 自宅にパソコンがないのですが、どこか会場を設けていたりしますか?

    新型コロナウイルス蔓延により現在会場は設けておりません。

  • 受験に際して推奨の勉強方法はありますか?

    国連が出しているデータや、当検定サイトに載せている参考文献をお読みください。
    また、参考文献に関しては、現在は掲載中の3冊になりますが、今後さらに良本が出てきた際にはホームページにて更新します。
    なお、当検定サイトに掲載している全ての図書から出題されるわけではありませんのでご留意ください。

  • 支払い後にキャンセルできますか?

    当HPの「SDGs検定 受験規約」にもあるとおり、いかなる理由であってもキャンセルは不可となります。

    ・第4条【受験料の返還】
    受験者が一旦払い込んだ受験料は、いかなる理由があろうとも返還せず、次回以降の本検定の受験料として繰り越さない。

  • 団体受験の方法はありますか?

    団体申し込みに関しましては、20名様以上から承っております。
    問い合わせフォームにてご連絡ください。

  • 次回試験日はいつですか?

    2021年は9月と11月を予定しております。
    申し込み期間等、詳細情報につきましては確定しましたら随時
    当WEBサイト(活動報告)およびFacebookにて公開します。

  • 確認メールが届きません

    お客様のメールソフトの設定により、迷惑メールフォルダやごみ箱に振り分けられている可能性がございますので、一度ご確認ください。
    迷惑メールフォルダにもゴミ箱にもメールが見当たらない場合は、お手数ですが状況を記載の上でお問い合わせ下さい。
    なお、可能でしたら他に受信可能な別ドメインのメールアドレスとともにご連絡いただけるとスムーズな連絡が可能となります。

第5回 合格率

前回合格率

主催:SDGs推進士業協会

一般社団法人SDGs推進士業協会は、国家資格者である士業(弁護士、税理士、公認会計士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、建築士、FP技能士等)からなり、SDGs(持続可能な開発目標)の普及促進等を目的に掲げ、それぞれの分野で集積してきた経験等を結集して『誰一人取り残さない世界』の実現に向けて取り組んでいます。

住所

〒550−0003
大阪市西区京町堀1−4−22 肥後橋プラザビル(弁護士法人四ツ橋総合法律事務所 内)

お問い合わせ

TOP